人気ブログランキング |

光と影のファンタジー 藤城清治 影絵展_f0364509_18025072.jpg




光と影のファンタジー 藤城清治 影絵展_f0364509_18025456.jpg


光と影のファンタジー 藤城清治 影絵展
奈良県立美術館
開催期間:2012年4月7日-6月24日
主催:光と影のファンタジー藤城清治展実行委員会(奈良県立美術館・奈良テレビ放送・産経新聞社)
サイズ:A4
表:藤城清治 <月光の響> 1981年

by ephemera-art | 2019-11-16 00:00 | 奈良県立美術館 | Comments(0)

世界の印象派 光の賛美 展_f0364509_09192522.jpg



世界の印象派 光の賛美 展_f0364509_09193285.jpg


世界の印象派 光の賛美 展
奈良県立美術館
1991年5月14日-6月16日
主催:奈良県立美術館・産経新聞社
サイズ:B5
表:クロード・モネ <エプト河の舟遊び> 1885-87年 サン・パウロ美術館

by ephemera-art | 2019-07-11 00:00 | 奈良県立美術館 | Comments(0)

モネ 光の賛歌

モネ 光の賛歌_f0364509_20190981.jpg



モネ 光の賛歌_f0364509_20191583.jpg


印象派誕生130年記念 モネ 光の賛歌
奈良県立美術館
開催期間:2004年10月2日-12月5日
主催:奈良県・読売新聞大阪本社・読売テレビ
サイズ:A4
表:クロード・モネ <睡蓮、水の光景(部分)> ウォズワース・アシーニアム蔵


by ephemera-art | 2018-03-13 00:00 | 奈良県立美術館 | Comments(0)

ウィーン美術史美術館名品展_f0364509_17473398.jpg



ウィーン美術史美術館名品展_f0364509_17474333.jpg


ハプスブルク家の遺宝 ウィーン美術史美術館名品展
奈良県立美術館
開催期間:1995年9月30日-12月17日
主催:奈良県・ウィーン美術史美術館・読売新聞大阪本社・読売テレビ
サイズ:A4

by ephemera-art | 2017-09-13 00:00 | 奈良県立美術館 | Comments(0)

シャガール 愛と自然の賛歌_f0364509_17492609.jpg


シャガール 愛と自然の賛歌_f0364509_17493631.jpg

シャガール 愛と自然の賛歌
奈良県立美術館
開催期間:2007年10月6日ー12月16日
主催:奈良県・読売新聞大阪本社・読売テレビ
サイズ:A4
表:マルク・シャガール <誕生日> 1915年 ニューヨーク近代美術館

by ephemera-art | 2017-07-07 00:00 | 奈良県立美術館 | Comments(0)

印象派の父 マネ

印象派の父 マネ_f0364509_19325631.jpg


印象派の父 マネ_f0364509_19331781.jpg


印象派の父 マネ ─近代パリと日本─
奈良県立美術館
開催期間:2001年9月23日ー11月25日
主催:奈良県・読売新聞大阪本社・読売テレビ
サイズ:A4
表:エドゥワール・マネ <笛を吹く少年> 1866年 オルセー美術館


 この作品のモデルは近衛兵鼓笛隊のマスコット的存在だった少年です。しかしその顔はマネの息子といわれているレオン・コエラを思わせます。
 オランピアの不評で落ち込んだマネはスペインに逃れました。そこでベラスケスの肖像画を見たマネは、「背景が消え、空気だけが人物を包んでいる」とファンタン=ラトゥールに書き送っています。ここからマネは背景をすっきりと簡略化し、そこに僅かに影をつけ、奥行きを与える術を学びました。これがこの作品の最初のポイントです。少年の私たちから見て右側の足元にご注目!そこに短い影があり、さらに影と並行して画面右下にはマネのサインがあります。奥行きを表す影とサインが、お洒落ですね!
 さらに太い輪郭線の平面的な色面は、日本の浮世絵の影響です。黒、赤、白の平坦な色面が鮮やかに私たちの目に飛び込んできます。ここが第2のポイントです。
 ベラスケスと浮世絵の影響により、画面が単純化されました。マネは両者の影響を融合させ、新しい芸術を作りました。しかしマネのこの表現は保守的な人々には全く理解されずに、この傑作はトランプのようだと評されました。
 されどこの浮世絵の影響であるトランプのようなところが、私たち日本人の心に響きます。
 ところでダンディなマネは女狂いでありながら、マネの浮気に寛大な妻シュザンヌを終生愛しました。ふっくらした美人の妻の奏でるピアノを聴くのがマネの愉しみでした。1849年、弟のピアノ教師だった2歳年上のシュザンヌと17歳だったマネは恋に落ち、1852年にこの作品の近衛兵の顔に似ているレオン・コエラが生まれています。
 ブルジョワで厳格な父は、生涯シュザンヌとの結婚を許さず、父の死後1863年に、晴れて二人は正式に結婚しました。マネはコエラを可愛がりましたが、認知をしていません。その理由は謎でしたが、近年コエラはマネの父の息子ではないかという説も出てきています。 (有地京子 『オルセーはやまわり』 中央公論新社 2014年)

by ephemera-art | 2017-02-27 00:00 | 奈良県立美術館 | Comments(0)

富本憲吉展 華麗なる色絵・金銀彩_f0364509_18010496.jpg


富本憲吉展 華麗なる色絵・金銀彩_f0364509_18011278.jpg

富本憲吉展 華麗なる色絵・金銀彩
奈良県立美術館 公式サイト
開催期間:2015年1月17日ー3月15日
サイズ:A3(二つ折りA4サイズ)

by ephemera-art | 2017-01-03 00:00 | 奈良県立美術館 | Comments(0)

エルミタージュ美術館 栄光の名画展 ラファエロからピカソまで_f0364509_23123874.jpg


エルミタージュ美術館 栄光の名画展 ラファエロからピカソまで_f0364509_23125132.jpg

エルミタージュ美術館 栄光の名画展 ラファエロからピカソまで
奈良県立美術館
開催期間:1990年10月13日ー12月16日
主催:ソビエト文化省・エルミタージュ美術館・奈良県・読売新聞大阪本社・読売テレビ
サイズ:A4

by ephemera-art | 2016-07-06 00:00 | 奈良県立美術館 | Comments(0)