人気ブログランキング |

没後120年記念 月岡芳年

没後120年記念 月岡芳年_f0364509_11115567.jpg



没後120年記念 月岡芳年_f0364509_11120562.jpg


没後120年記念 月岡芳年
太田記念美術館 公式サイト
開催期間:2012年10月2日-11月25日
サイズ:A4
表:月岡芳年 <袴垂保輔鬼童丸術競図>


by ephemera-art | 2019-05-01 00:00 | 太田記念美術館 | Comments(0)

没後160年記念 歌川広重

没後160年記念 歌川広重_f0364509_19383094.jpg




没後160年記念 歌川広重_f0364509_19383780.jpg


没後160年記念 歌川広重
太田記念美術館 公式サイト
開催期間:2018年9月1日-10月28日
サイズ:A4
表:歌川広重 <東海道五拾三次之内 蒲原 夜之雪>


 連作中随一の傑作と言われる。
 北斎の「凱風快晴」と並び、浮世絵史上に燦然と輝く広重畢生の作品であろう。雪明りに照らし出された蒲原は、雪に浄化され静まりかえり、神秘性すらおびて、この世のものとも思えぬ美しさだ。
 白一色という普通なら平面的な図になりがちな主題に命を吹きこみ、これだけの絵にしたてあげる彼の手腕は、並大抵のものではない。
 雪を愛し続けた広重ゆえにこそ描き得た、詩情あふれる世界であり絶品である。 (高橋克彦 『浮世絵鑑賞事典』 角川ソフィア文庫 平成28年)

by ephemera-art | 2019-04-21 00:00 | 太田記念美術館 | Comments(0)

葛飾北斎 冨嶽三十六景 奇想のカラクリ_f0364509_19462296.jpg



葛飾北斎 冨嶽三十六景 奇想のカラクリ_f0364509_19463025.jpg


葛飾北斎 冨嶽三十六景 奇想のカラクリ
太田記念美術館 公式サイト
開催期間:2017年9月30日-10月29日
サイズ:A4
表:葛飾北斎 <冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏>

by ephemera-art | 2019-01-05 00:00 | 太田記念美術館 | Comments(0)

帰ってきた浮世絵動物園

帰ってきた浮世絵動物園_f0364509_11332697.jpg



帰ってきた浮世絵動物園_f0364509_11333324.jpg


帰ってきた浮世絵動物園
太田記念美術館 公式サイト
開催期間:2017年4月1日-5月28日
サイズ:A4

by ephemera-art | 2018-05-23 00:00 | 太田記念美術館 | Comments(0)

国芳ヒーローズ 水滸伝豪傑勢揃_f0364509_21170702.jpg


国芳ヒーローズ 水滸伝豪傑勢揃_f0364509_21171886.jpg

国芳ヒーローズ 水滸伝豪傑勢揃
太田記念美術館 公式サイト
開催期間:2016年9月3日ー10月30日
サイズ:A4
表:歌川国芳 <通俗水滸伝豪傑百八人之壹人 浪裡白跳張順> 個人蔵


 現在、国芳の評価は、主として風景画や奇想絵に求められがちである。だがその在世当時、彼は「武者絵の国芳」と呼ばれ、若さに溢れた感覚と力強い描写で、江戸中の人気を一身に集めていた。本図はその異名で呼ばれるきっかけとなった出世作「水滸伝」の豪傑の連作の中でも、特にその本領がのぞかれる一枚である。上半身に細密な刺青を施した主人公たちの魅力は、鉄火な若者たちの評判となり、ついに刺青の流行まで惹起したとさえ伝えられる。いかに高い人気であったかが良くわかる挿話と言えよう。 (高橋克彦 『浮世絵鑑賞事典』 角川ソフィア文庫 平成28年)

by ephemera-art | 2017-04-17 00:00 | 太田記念美術館 | Comments(0)

ヴィクトリアアンドアルバート美術館所蔵浮世絵名品展_f0364509_21124550.jpg


ヴィクトリアアンドアルバート美術館所蔵浮世絵名品展_f0364509_21125403.jpg

ヴィクトリアアンドアルバート美術館所蔵浮世絵名品展
太田記念美術館
開催期間:2007年5月1日ー6月26日
主催:ヴィクトリアアンドアルバート美術館・太田記念美術館・日本経済新聞社
サイズ:A4

by ephemera-art | 2016-11-08 00:00 | 太田記念美術館 | Comments(0)

歌川国貞 和の暮らし、和の着こなし。_f0364509_20465277.jpg

歌川国貞 和の暮らし、和の着こなし。_f0364509_20472294.jpg

歌川国貞 和の暮らし、和の着こなし。
太田記念美術館 公式サイト
開催期間:2016年4月1日ー4月24日
サイズ:A4

(裏面)
KUNIYOSHI HEROES 水滸伝豪傑勢揃
開催期間:2016年9月3日ー10月30日


by ephemera-art | 2016-07-22 00:00 | 太田記念美術館 | Comments(0)

没後150年記念 破天荒の浮世絵師 歌川国芳_f0364509_20355719.jpg

没後150年記念 破天荒の浮世絵師 歌川国芳
太田記念美術館 公式サイト
開催期間:2011年6月11日ー7月28日
主催:太田記念美術館・NHK・NHKプロモーション
サイズ:A4(片面)


 武者絵における国芳の貢献は、勝川春亭が先鞭をつけた三枚続のワイドスクリーン画面をさらに推し進めたことにもある。天保後期の「相馬の古内裏」は、山東京伝の読本『善知鳥安方忠義伝』に題材を得たもの。亡き父平将門の遺志を継ごうと、妖術を駆使してかつての将門の内裏跡に同士となる勇者を誘いこむ滝夜叉姫と、諸国武者修行の大宅光国が対峙する場面を描くが、絵の主役はまるで滝夜叉の妖術で出現した巨大な骸骨であるかのようである。原作の読本に歌川豊国が描く挿絵であは、骸骨は人間大の大きさであったのが、巨大なモンスターへとかえられて、三枚続の横長画面に構図上の緊密な統一感と緊張感を生みだしている。 (大久保純一 『カラー版 浮世絵』 岩波新書 2008年)

by ephemera-art | 2016-07-07 00:00 | 太田記念美術館 | Comments(0)