人気ブログランキング |

カテゴリ:ブリヂストン美術館( 4 )

神話と聖書の図像学

神話と聖書の図像学_f0364509_11141285.jpg



神話と聖書の図像学_f0364509_11142149.jpg


神話と聖書の図像学
ブリヂストン美術館
開催期間:1999年1月13日-4月25日
サイズ:A4



by ephemera-art | 2017-10-23 11:13 | ブリヂストン美術館 | Comments(0)

印象派と20世紀の巨匠たち_f0364509_21192923.jpg


印象派と20世紀の巨匠たち_f0364509_21195343.jpg

印象派と20世紀の巨匠たち モネ、ルノワールからピカソまで
ブリジストン美術館
開催期間:2005年1月25日ー7月10日
サイズ:A4
表:ルノワール <座るジョルジェット・シャパルティエ嬢> 1876年 ブリヂストン美術館



 天衣無縫なポーズが可愛らしい。彼女、ジョルジェットの父は、当時の人気作家ゾラやモーパッサン、ゴンクール兄弟らの作品を出版していたパリでも有数の出版社シャルパンティエ社の経営者である。
 その妻、つまり彼女の母は社交界の花形で、自らも第一級の文芸サロンの主宰者だった。画面の中の重厚な絨毯や調度品からもそうした富裕家庭の様子がうかがえる客間で、夫妻の長女ジョルジェットがポーズをとっている。彼女四歳の肖像画である。
 貧乏画家のルノワールが上流のサロンに出入りするようになったのは、一八七五年にシャルパンティエ氏が彼の絵を買ったのがきっかけだった。それから夫妻はルノワールに家族の肖像などを依頼し始める。
 背中に大きなリボン結びが見えているブルーのドレスにはシックなブロンド色が配されている。子供服にしては洗練された心憎いフランス風センスである。肩にかかる柔らかそうな素晴らしいブロンドの髪の色、この画面の中で最も印象的な濃いブルーの目の色と完璧なハーモニーを見せている。そこにアクセントをつけているのは白いレースの縁取りと赤いサンゴのネックレス。このころ大人の女性服はまだ十九世紀らしい大げさな装いの総仕上げをしようとしていたが、少女服は一足先を行っていて、二十世紀の服と比べて、もうそれほど大きな違いがない。
 彼女の可愛らしさを生き生きと伝えて、肖像画以上の特別な魅力をこの絵に与えているルノワールのルノワールらしい絵である。彼はこの時代の他の画家たちと違って、近代がもつ孤独や倦怠感を露骨に描かなかった。そのことですべてのものを薔薇色に描くと、ときには非難されたルノワールだが、子供を描くときこそ喜びに満ちた現実の世界を思う存分に描くことができて、幸せだったのだろう。
 この二年後、ルノワールは「シャルパンティエ夫人とその子供たちの肖像」(一八七八)で、六歳になったジョルジェットと四歳の弟を描いている。 (深井晃子 『名画とファッション』 小学館ショトル・ミュージアム 1999年)

by ephemera-art | 2017-07-18 00:00 | ブリヂストン美術館 | Comments(0)

カイユボット展

カイユボット展_f0364509_18033045.jpg


カイユボット展_f0364509_18034439.jpg

カイユボット展
ブリヂストン美術館
開催期間:2013年10月10日ー12月29日
サイズ:A3(二つ折りA4サイズ)
上:ギュスターヴ・カイユボット <ヨーロッパ橋> 1876年 プティ・パレ美術館蔵



 モダンなパリの象徴といえば、<駅><鉄の橋><汽車>などもその一つだった。鉄の建造物は当時のフランス技術の最先端を、駅は鉄道の広がりを誇らしげに示している。
 新しく変貌するパリに魅了されていたカイユボットは、そうした場面を生き生きと取り上げている。今ならもしかすると醜いと言われかねない鉄の欄干が、大胆な対角線の構図で迫ってくる。そのことから、当時のフランスの画家たちが大きな関心を寄せていた日本の浮世絵の構図に強い影響を受けているといわれるのも頷ける。
 ヨーロッパ橋は一八六五~六八年にかけてパリ都市計画の一環として造られた。鉄の欄干は少し変わったが、現在も健在だ。
 オペラ座から少し北東に寄ったサンラザール駅の裏側にかかっていて、ウィーン、サンクトペテルブルクなどヨーロッパの主要都市の名前が付いた通りが、ヨーロッパ橋から放射状に伸びている。
 今もこの陸橋の下を、汽車に代わった電車が毎日行き交っている。
 当時、サンラザール駅はパリ郊外の行楽地として人気になったアルジャントゥィユや、遠くは避暑地ノルマンディーへでかける起点だった。
 鉄道の敷設が盛んに行われた十九世紀。大西洋側の海岸の町ドーヴィルなどは避暑地として開発が進み、ヴァカンス客が盛んに出かけるようになった。汽車に乗る、それはお洒落な行為だったのである。
 そんなお洒落な汽車に乗ることを夢見ながら、一人の労働者が陸橋の欄干に頬杖をついて橋の下を見ている。画面には描かれていないが、サンラザール駅を汽車は煙を吐きながら走り去り、あるいは何処か遠くから駅に滑り込んでくる。タブリエと呼ばれる作業用の上っ張りを着ている男は、いつか、汽車に乗って海辺の避暑地に行きたいのだろう。だが毎日の生活に追われ、それはなかなか実現しないかもしれない。
 一方、画面左のカップルは裕福そうなエレガントな身なりをしている。男はカイユボット自身である。彼は裕福な階層に属していた。シルクハットをかぶり、ルダンゴト(フロックコート)を着ている。連れの女性は黒いアフタヌーンドレスを着てパラソルを持っている。
 アフタヌーンドレスの襟元はぴったりとしたハイネックで手袋をはめている。昼間の服で膚を見せるのはエチケット違反だったが、彼女は夜ともなれば胸元を大きく開けた(デコルテ)ドレスを着て舞踏会やオペラにでかけるのだろう。 (深井晃子 『名画とファッション』 小学館ショトル・ミュージアム 1999年)

by ephemera-art | 2017-05-02 00:00 | ブリヂストン美術館 | Comments(0)

ベスト・オブ・ザ・ベスト_f0364509_12250158.jpg


ベスト・オブ・ザ・ベスト_f0364509_12250782.jpg

ベスト・オブ・ザ・ベスト
ブリヂストン美術館
開催期間:2015年1月31日ー5月17日
サイズ:A4

by ephemera-art | 2016-09-15 00:00 | ブリヂストン美術館 | Comments(0)