人気ブログランキング |

リアルのゆくえ

リアルのゆくえ_f0364509_10071916.jpg



リアルのゆくえ_f0364509_10074652.jpg


リアルのゆくえ
姫路市立美術館
開催期間:2017年9月23日-11月5日
主催:姫路市立美術館・NHKプラネット近畿
サイズ:A4
表:右 高橋由一 <鮭>(部分) 製作年不詳 山形美術館寄託
表:左 磯江毅 <鮭─高橋由一へのオマージュ>(部分) 2003年 個人蔵

by ephemera-art | 2019-07-27 00:00 | 姫路市立美術館 | Comments(0)

日本近代洋画への道

日本近代洋画への道_f0364509_17311674.jpg



日本近代洋画への道_f0364509_17312531.jpg


日本近代洋画への道
鳥取県立博物館
開催期間:2015年10月3日-11月8日
主催:鳥取県立博物館・新日本海新聞社
サイズ:A4
表:高橋由一 <鮭図> 1879-80年 笠間日動美術館蔵山岡コレクション

by ephemera-art | 2019-07-26 00:00 | 鳥取県立博物館 | Comments(0)

山岡コレクション+ひろしま美術館_f0364509_10593329.jpg



山岡コレクション+ひろしま美術館_f0364509_10594517.jpg


山岡コレクション+ひろしま美術館
ひろしま美術館
開催期間:2007年7月7日-8月19日
主催:財団法人ひろしま美術館・中国新聞社
サイズ:A4
表・右:高橋由一 <鮭図> 1879年-80年 笠間日動美術館
表・左:岸田劉生 <支那服を着た妹照子像> 1921年 ひろしま美術館

by ephemera-art | 2019-07-25 00:00 | ひろしま美術館 | Comments(0)

日本洋画の夜明け

日本洋画の夜明け_f0364509_08344857.jpg



日本洋画の夜明け_f0364509_08345815.jpg


明治維新150周年 日本洋画の夜明け
鹿児島市立美術館 公式サイト
開催期間:2018年9月28日-11月4日
主催:鹿児島市立美術館・西日本新聞社・KYT鹿児島読売テレビ
サイズ:A4
表:高橋由一 <鮭図>(部分) 笠間日動美術館蔵

by ephemera-art | 2019-07-24 00:00 | 鹿児島市立美術館 | Comments(0)

近代洋画の開拓者 高橋由一_f0364509_10084337.jpg



近代洋画の開拓者 高橋由一_f0364509_10085157.jpg


近代洋画の開拓者 高橋由一
東京芸術大学大学美術館 公式サイト
開催期間:2012年4月28日-6月24日
主催:東京藝術大学・読売新聞社・NHK・NHKプロモーション
サイズ:A4
表:高橋由一 <鮭> 1877年頃 東京藝術大学


高橋由一は明治時代の始めに、油絵による写実的描写を一貫して追求しました。ぴんと張った荒縄、切り身になった鮭の表現が、つるされた鮭のずしりとした重みをみごとに伝えています。また縄のささくれだったようすや、切りとられた赤い肉の部分、しわのよった下半身の皮やうろこなどが細部にわたって克明に描かれ、色あいや質感が忠実に再現されています。対象に肉迫する作者の誠実な姿勢がうかがえます。(北海道立近代美術館編『海外入門 子どもと親の美術館』 新潮社とんぼの本 1989年)


 高橋由一の「鮭」の方法論、それは一言でまとめるとすれば、「凝縮」です。数多ある表現の糸口たちを一枚の絵画にどう落とし込めるべきなのか。その方法を教授しているのが「鮭」です。宗教を背景に借りるのでもなく、人間の姿に代弁させるのでもなく、太陽という照明の効果を利用するのでもなく、大きさ(スケール、物量)という空間的養素(ママ)を導くのでもなく、それらの可能性をすべて知り得た上で、ぎゅっと一点のものに凝縮させる。これが高橋由一の方法論です。絵画の多様な特性を利用して、あえてそれらを視覚的な表層に置かず、一戸の物性によって覆い隠す。長い鎖国の時代から大あわてで近代に飛び込んだ日本にありながら、その激動を精確に見つめ、個人の所業としてそのプロセスを体現せしめた絵がこの作品なのです。「西洋に学べ。だが、西洋に呑まれるな。むしろ西洋を呑み込んで、新しい日本を生み出すのだ」と静かに説く高橋由一の姿が作品の前に立ち現れるようで、見ているだけで思わず頭を下げてしまいそうな気分に、僕はなります。 (川崎昌平『知識無用の芸術鑑賞』 幻冬舎新書 2007年)

by ephemera-art | 2019-07-23 00:00 | 東京藝術大学大学美術館 | Comments(0)